居抜きの物件をおすすめする理由

最近、テナントを募集している空物件に居抜きと表示されている物件を見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。これは、前のテナントの内装や設備などがそのまま残されている物件という意味の表示です。前に使用していた店舗のものが残っているならば、撤去にするのに費用や手間がかかるのではないかと思っている方もいるようですが、同じ業種で新店舗の立ち上げを検討しているときは、この物件を上手く利用すると、工事の手間を省くことができ、初期費用を抑えることができる、などのメリットがあります。もちろん利用する際は、注意しなければいけない点もありますが、同業者であればメリットが多い物件になるので、ここでは、居抜き物件をおすすめする理由を詳しく説明します。

初期費用を抑えることができます

新しく店舗を構えるとなると、内装の工事費用や厨房機器を揃える費用など、初期費用に大きな費用がかかります。新店舗をオープンさせるためには、大きな費用がかかるので、少しでも初期費用は抑えたいという方も多いではないでしょうか。同じ業種の居抜き物件を利用すれば、一部を改装するだけでオープンさせることができることが多いので、初期費用を抑えることができるというメリットがあるので、少しでも費用を抑えたいという方におすすめです。初期費用を抑えることができれば、開業資金を抑えることができるので、ローンを組んでいる場合は、返済する金額も少なくなります。返済額が少なくなると、その分利益も多く出るようになるので、以降の経営も利益があげやすくなるというメリットがあります。

開店までの期間を早めることができます

新しい店舗をオープンさせるためには、一から作り始めるとなると、工事業者を選定して工事を行い、工事が終了してから厨房機器や備品などの配置を行わなければいけないので、計画を立ててからオープンに至るまでにある程度の期間がかかるということを考慮しておかなければいけません。自分の土地に店舗を構えるときは別ですが、賃貸契約をしているときは、工事を行っている期間でも家賃は発生します。そのため、工事が長くなればなるほど家賃の支払いだけが続くことになります。居抜き物件を利用すれば、内装工事などわずかに手を加えるだけで工事が完了する場合が多いので、計画をしてから早い段階で店舗をオープンさせることができるので、家賃を無駄に支払う必要もなくなり、早く利益をあげることができるようになります。

都内を始め関東圏での物件、を是非ともご登録ください! 居抜きで入退去することで移転時にかかるコストを大幅カット! 是非居抜き物件をご検討ください。   こだわって作ったオフィスを取り壊すのはもったいない、とお考えの方に居抜きオフィスのシステムをご紹介。 居抜き物件は情報の性質上公開できない物件も多くございますので、条件に合う物件が見つからない方も是非お問い合わせください。 居抜き物件でオフィスを移転するならこちら

Back to Top