• Home
  • /
  • よくわかる居抜き物件の基礎知識

よくわかる居抜き物件の基礎知識

お店を始める場合は、その大きさにもよりますが、初期費用として1000万円ぐらいかかるのが普通でます。フランチャイズであれば、3000万円ぐらいかかることも決して珍しくありません。この初期費用の内訳の多くは、初回にかかるテナント費用や設備・備品の購入にかかる費用です。飲食店を始める場合には冷蔵庫や冷凍庫の購入は必須になります。またお客さんがすわる椅子やテーブルなども準備をしなければなりません。このように考えると、初期費用を安くするためには設備や費用とテナント費用を安くすることがポイントになることがわかります。現実的に考えれば居抜き物件を利用することで少なくとも設備や費用を大幅に安くすることは可能になります。最近は居抜き店舗専用の不動産業者もありますので見つけやすいでしょう。

どのような特徴を持っているかを知っておこう

居抜き物件の特徴は、前のテナントの借り主が設備や備品をそのままそのテナントの中に置いて行った物件であることです。設備や備品はそのまま新しいテナントの借り主が利用することが可能です。例えば、冷蔵庫や冷凍庫はそのまま置かれて行ったとすれば、50万円ぐらいは安く済ませることができるでしょう。また、いすやテーブルをそのまま再利用するのであれば、それらにかかる費用も大幅に減らすことができます。足りない分を付けたり、汚れている部分や壊れている部分を新しく変えるだけですので、通常の設備の費用の3分の1で済ませることが可能です。また、前にお店を開いていたことで、すでにそのお店がある場所は認知されており、大幅に広告費用を使うこともなくなります。このように考えるとメリットはたくさんあることがわかります。

注意をしなければならない点とは

居抜き物件には数多くのメリットがありますが、借りる前にいくつか注意をしなければならないことを知っておきましょう。まず一つ目は、設備や備品にレンタル料が含まれていることがあります。置いてある設備や備品でも金額の安いものは無料で利用できることがほとんどですが、金額が高い冷凍庫などは前の借り主がそのまま放置しておくことは考えにくく、レンタル料が含まれている可能性があります。そのためすべて無料で使えると思ったら、後からお金を請求されることも考えられるため、契約の時の約款をよく調べておきましょう。たいていは不動産会社の方で、事前に説明があるはずです。また、前にお店をもっていた借主が赤字であれば、そのお店の印象はマイナスかもしれません。その場合思いっきりデザインが違う看板にして、店主が変わったことをアピールするべきです。

Back to Top