• Home
  • /
  • 居抜き物件で開業する際のメリット

居抜き物件で開業する際のメリット

新規でお店をオープンさせる為には様々な費用が必要になります。その中でも最も大きな金額を占め且つ重要な費用が物件取得費です。物件の良し悪しでお店の今後が左右されると言っても過言では無いほど、物件選びは重要で慎重に行わなければなりません。まったくの新築物件でスケルトンの状態の場合、ご自身の希望通りのレイアウトや内装が実現できる事がメリットですが、それには莫大な費用がかかります。そこで登場するのが居抜き物件です。以前にお店をされていた前オーナーさんがある程度の設備を残している物件です。その場合、最低限の設備は整っていますので、スケルトンから内装を行うよりかなり初期費用が軽減されます。軽減された費用を他に回せるというのはかなり良いメリットです。

水廻りとガスが通っているだけで俄然有利です。

スケルトン物件で一から内装を行うと、飲食店の場合水廻りやガス管を通す作業が必ず入って来ます。この作業かなりの金額を要します。専門の業者が入るのはもちろんの事、ガス管を通す場合、店舗前の道を掘る必要も出てきます。それに営業許可にもかかわってきますので、内装工事が終わったけれど、不備があって営業許可が出なかったという危険も考えられます。居抜き物件ならそんな心配は全くありません。水廻りもガスも通っています。それに、以前お店として営業していたのですから、内装や設備の面で営業許可は取れているのです。大きな工事の必要もありませんし、営業許可もすぐ取れます。逆を考えれば手元の初期費用が少なくても開業は出来るという事です。これだけでも居抜き物件を利用するメリットは十分にあります。

造作譲渡金に気を付けましょう。

物件取得費が抑えられる事がメリットですが、ここで気を付けなればならない事があります。不動産ですから、保証金や不動産屋さんへの手数料、数か月分の家賃などが物件取得費と思われがちですが、居抜きの場合「造作譲渡金」という費用が発生します。上記の物件取得費だけで得られるのはあくまでもお店を借りる権利であって、前オーナーさんが残している設備までは入手できません。残っている設備を入手する為には造作譲渡金が必要となります。この金額は設備状況によって変わりますし、前オーナーさんが自由に金額を決められますが、設備を一から購入する事を考えれば造作譲渡金は比べものにならない程安く済みます。しかし、購入後の不具合は自分の責任で修理交換になりますので、設備譲渡前の動作確認等は徹底する必要があります。

Back to Top